上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モツァレラチーズを30%offで買えたので
これを入れたトマトバジルリュスティック作ってみました。

tomatobasil-ryusuthikku1.jpg
断面はこんな感じ。
気泡はつぶれてしまったのか、あまりないですねぇ。

できたてを朝食にしました。
中はふわもっちり。
もうちょっと焼き温度を上げておけばよかった。
皮のパリッとした感触を楽しみたかったなぁ。
でもまぁ、覚え書きとしてレシピを残しておこう。



***** トマトバジルリュスティック *****
☆5個分
☆トマトはミキサーなどで液状にする


 <材料>
強力粉 100g
薄力粉 100g
塩 2.5g 
砂糖 2g
トマト1個 + 水 = 170g(今回トマトの重さ116g)
イースト 小さじ1/4 (↑の一部でこねの直前に溶かす)

具材・・・バジル お好みの量
   ・・・モツァレラ 30gほど


 <作り方>
1.ボウルに具材以外を入れてゴムべらで混ぜ合わせる。
粉っけがなくなればOK
tomatobasil-ryusuthikku2.jpg
ラップをして30分ほど放置


2.バジルを手でちぎり、チーズはさいの目に切って
生地の上にのせる
tomatobasilryusuthikku3.jpg
ゴムべらで具材を包んで

tomatobasilryusuthikku4.jpg
隠す


3.ラップをして冷蔵庫の野菜室に置く。
(わたしは夕方4時半から翌日の朝5時まで冷蔵庫に入れておきました。)
tomatobasilryusuthikku5.jpg
こんな感じになるまで一次発酵させます。


4.まず生地に粉をふりかけ、取り出す台にも粉をふりかけておきます。
取りだしたら丸めて閉じて、ボウルをかぶせて20分のベンチタイム。
tomatobasilryusuthikku6.jpg
発酵に使っていたボウルをかぶせます。


5.また粉をふりかけてから5分割。
tomatobasilryusuthikku7.jpg
オーブンシートにのせます。

  *** ただしくはここで布取りをするのでしょうが・・・
      わたしはこれがとっっても苦手なので
      形が崩れてダレダレになってもいいや!と思い
      布取りしてません。 
      これのおかげで作っているときにイライラしてしまう (;-_-) =3 フゥ
      今回思い切って「布取りなし」にしてしまったら
      気持ちよぉぉ~く 作れました (´▽`*)アハハー ***

6.30℃30分ほど2次発酵。
tomatobasilryusuthikku8.jpg
こんな具合に膨らみ、ちょっとダレッとしたら
粉をふるい、切り込みを入れて、オリーブオイルを垂らします。


7.230℃で予熱しておき、
220℃10分焼いたら190℃に下げて10分焼く。

はい、できあがり!


せめて予熱の時に一緒に天板をあたためて
それに乗せ換えればよかったかな。
次回はそうしよう。



以前お菓子&パン道具を一気購入。

↑お菓子道具の浅井商店さんです。



今回使用しているボウルもこちらで購入。

今お買い得のようですね。
外から発酵の様子が見えるのと
この高さが発酵ボウルとして重宝してます。

粉量300gがギリギリ。
その場合結構目一杯発酵させるのでラップについてしまいますが、
丁寧に生地をとれば問題なし。
チョコを溶かしたりするのにも便利です。
ちなみにベーキングシートもこちらで購入。


もぉぉーーー、これはなくてはならない!
買ってよかった!v(≧∀≦)v と思える商品です。



 ランキング参加中
banner-tomatobasilryusuthikku.gif
 ぽちっとありがとう ヾ(*´∀`*)ノ゛



 今日の一言クロアチア語

 paradajz

 トマト





関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。