上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.30 梅シロップ


1キロ580円と280円のがあったので
安い方を迷わず購入 (*`▽´*)
それほど差は感じられなかったので。
1キロの氷砂糖も買ってきてさっそく漬けてみた。


梅を計ってみると1キロをちょっと越えてた。
手持ちの瓶には半量ほどしか入らず
それでも「まぁ、大丈夫でしょう・・・」と思って
ポリ袋2重、さらにジップロックに入れてみた。

10日ほど経ったものがこれ。
ume-sirup2.jpg

氷砂糖が溶けきってない。
袋で漬けた方は「もしかして発酵し始めてる?」という感じだったので
梅を取り出し、氷砂糖を煮溶かすことに。

ume-sirup4.jpg

袋で作った方が若干シロップが濁ってましたが
味を見たら瓶のほうと変わらなかったので
合わせて煮溶かしました。

沸騰させないように弱火で、菜箸で混ぜ混ぜしながら。
15分ほど火にかけても完全には溶けず、
いい加減疲れたので、ちょっと残ってても気にしないことにして(^^;)
あら熱を取ってから煮沸しておいたジャムの瓶に移し替えて冷蔵庫で保存。

5~6倍ほどの炭酸水で割ってみました。
ume-sirup3.jpg
すごくおいしい (≧∇≦)♪


今回初めて作ってみた梅シロップ。
梅に穴をあけるとか
冷凍してから漬けるとか、
漬ける期間もレシピによってまちまちで
どうなることかと思いながら作ってみました。

1日1回は瓶を上下にする、というのもありましたが
フタはしたままなのか、開けるのか?
これもよくわからなかった点。

袋の方は途中開けたり、
ポリ袋に穴が空いたりして空気に触れたせいで色が悪くなり、発酵したのかも。
瓶の梅は色がきれいなままでした。

で、今度作るとしたらこうしよう、と思っている方法。
梅(青い熟し切っていない梅)は洗ってからしっかり拭いて、へたをとり、
氷砂糖と一緒に漬けて
1日1~2回、フタをしたまま瓶を振る。(漏れるから上下にはしない)
10日ほどで梅を取り出し、氷砂糖は煮溶かす。


袋の方が楽だなと思います。
破けないように気をつけないといけないけど。
熱湯消毒しなくてすむし。
瓶は結構値段が高いし、場所取るし。


漬け終えた後の梅ですが。
ジャムにするといい、
ジャムにしてもまずい、
これまた両方の意見がある(^^;)
ジャムにしても食べるかわからなかったので
とりあえずそのまま冷凍してあります。
「梅干しを冷凍してそのまま食べるのもおいしい」というのを
先日テレビで見たので
この梅もいけるかも、と期待してます。
おいしかったらまたご報告します(忘れなかったら・・・^^;)



 今日の一言クロアチア語
 
 umesirup

 梅シロップ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。