上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


羽根を途中で外して焼いてみたら、
穴が小さく焼けました (^-^)♪
HBを使っていない人にはこれでも大きいと感じられるでしょうが、
小さいんです。

ホームベーカリーで食パンを焼くと
どうしても羽根の部分に穴があいてしまう。(画像の2~3倍の穴)
サンドイッチにするとき
具がこぼれないようにこの大きな穴をレタスでふさいでます (´-ω-`;)

わたしが現在使っているのはこれ、エムケーのHBH-100。

古いタイプ。

ずいぶん長い間HBでパンを焼いているけれど
羽根を途中で外してみたことはない。
エムケーのQ&Aサイト
「2回目のガス抜きの後、羽根を外せばよい(Q13です)」とあったので
試してみました。

最近焼いているのはフランスパン(コース4です)。
「うす焼き」にしてます。
かかる時間は4時間40分。
(焼き時間が変わるだけで他の工程にかかる時間は「普通」でも「濃い」でも同じ。)

2回目のガス抜きが始まるのは、残り時間「2:01」と表示が出た約40秒後。
ガス抜きは十数秒くらい。
羽根が止まったらケースを取りだしふたを閉め、
手に粉を付けてから生地と羽根を一緒に取り出します。
羽根を生地から離して、丸めながらとじ目を留めて
再びケースに戻したら本体に設置。

手粉は必須!
羽根の跡が気になる人は一度お試しあれ(^-^)/



 ランキング参加中 ぽちっとありがとう(^-^)

人気ブログランキングへ



 今日の一言クロアチア語
 
 krilo

 羽根

関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。