上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ワッフルシュガーがないのでアイシングをかけてます。
形が独特。
レシピはこちらを参照しました。

【送料無料】シネマ食堂 [ 飯島奈美 ]

【送料無料】シネマ食堂 [ 飯島奈美 ]
価格:1,365円(税込、送料込)



動画もあります。



本にも動画にも「塩」を入れている様子がない。
塩を入れずとも焼けるのか?

塩の役割は

1.人間の味覚にとって重要な塩味をパンにもたらす。

2.塩が生地中のグルテンに働きかけてべたつきを減少させ、同時に弾性を強化する。

3.イーストをはじめ各種微生物に対して抗菌作用を持ち、発酵のコントローラーとしてのやくわりを担う。

だそう。

(「基礎からわかる製パン技術」吉野 精一 著 から引用)

ちょっと検索してみたら、このレシピで作った方のブログを発見。
ぼやけた味になった、とあった。
わたしがいつも使うのは無塩バター。
レシピでは有塩・無塩どちらかはわからない。
無塩バターでおまけに塩を入れないとなると
ぼやけた味になりそうだとおもったので、わたしは3g入れてみました。

レシピと違う点は、
手コネではなくホームベーカリーを使用。
40℃の牛乳→35℃の牛乳に変更(なんだか40℃って高いと思って)。
塩を3g追加。
ワッフルシュガー→アイシングに変更。

一次発酵は35℃~40℃の間(2時間かかった)。
二次発酵はガスオーブンの発酵機能を使って40℃に設定(20分)。
焼き上がって天板から移すとき
あまりに柔らかかったのでまだ焼けてないかと思った (。゚ω゚)ドキッ

いつも作るシナモンロールよりも
砂糖もバターもいっぱい使って、おまけに(いつも入れない)卵も入っているので
とってもリッチでした。
おいしいですよ、お試しあれ(^-^)/



 ランキング参加中 ぽちっとありがとう(^-^)

人気ブログランキングへ



 今日の一言クロアチア語
 
 galeb

 かもめ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。